【Epiphone】 エピフォン とは 歴史編 【エピフォン】

エピフォンというメーカー!
こんにちは。久保文明です。
今日は、エピフォンというメーカーについて書いていきたいと思います。
エピフォン(epiphone)はギブソン社傘下のギターブランドです。
電気ギターにおけるトーンコントロールの初採用、
初のダブルネック弦楽器やトラスロッド、
トーン・エクスプレッサー(ワウペダル)、
電子チューナー、ボリューム・ペダルなど、
多くの革新的な機能や機器を開発しました。
1941年にはレス・ポール氏がエピフォンの工場で、
ソリッドギターの試作品の開発を開始します。
彼が製作したソリッドギターとして有名な「ログ」は、
彼がエピフォンギターのパーツを多用し完成させた物なのです。
1957年、ギブソン社に買収されました。
現在はギブソン社のギターやベースギターの廉価版を主に製造販売しています。
(ただしヘッド部分の形状が異なります。
代理店契約が終了するまで販売されていた日本向けのElitistと、
LQシリーズはギブソン版と同じヘッド形状でした)
また、買収以前から続くエピフォン独自のモデルもあります。
エピフォンののブランドは以下の通りです。
◆Epiphone
現在のレギュラー製品は主に韓国や中国で生産されています。
それ以前は日本、さらにその前にはアメリカで生産されていました。
◆Epiphone Elitist
日本製のモデルです。
以前はEpiphone Eliteのブランドでした。
日本で生産された限定販売の「Japan Limited Line(LQ)」シリーズが存在しました。
これは塗装がポリウレタンではなくラッカーでした。
長い間エピフォンの製造はOEMでしたが、
ギブソン社は中国の青島に自社工場を設立し、
エピフォンブランド製品の一部の自社製造も開始しました。
ヘッドやピックガードにEpiphoneの頭文字を表す“E”の文字が付けられており、
ヘッドはプリント、
ピックガードはインレイ(古い時代に多い)、
または立体エンブレム(近年に多い)仕様となっています。
ロゴの書体は現在では親会社のギブソン社に似たものとなっていますが、
以前のロゴもカジノなど一部機種で存在します。
◆エピフォンの始まり
トルコのイズミル出身のギリシャ人、アナスタシオス・スタトポウロ氏が、
ニューヨークに工房を開いたのが始まりです。
当初はバイオリンやリュートを製作していましたが、
20世紀初頭からマンドリンの製作を開始し、
アナスタシオスは時期を同じくして息子であるエパミノンダスを事業に参加させました。
その後、ジャズの流行に伴ってバンジョー製作が盛んになると、
自らもミュージシャンであったエパミノンダスはその知識を生かし、
テナーバンジョー等の製作を開始、成功を収めました。
バンジョーの設計に関する米国特許も取得しました。
◆『エピフォン』の誕生
・1928年
社名が『エピフォン』となりました。
これはエパミノンダスの愛称である『エピ』と、
ギリシャ語で『音』の意味の語『フォン』を組み合わせたものです。
この頃からギター製作を開始しました。
『レコーディング・シリーズ』、『マスタービルド・シリーズ』等を発表しました。
・1945年
エパミノンダスは病に倒れ、同年の6月6日に死去。
その後、エピフォンは労働争議や他社による買収、
工場の移転などを経て1957年にギブソン社に買収されます。
買収後、エピフォンのギターはギブソン社のカラマズー工場で生産されました。
◆生産拠点のアジア移転
・1970年代
エピフォンの生産拠点は日本に移されます。
・1982年頃
アジア諸国での生産も開始します。
・1986年
ヘンリー・ジャスコヴィッツ、デイヴ・ベリーマンによりギブソン社が買収され、
エピフォンはオリジナル製品だけでなく、
ギブソン製品の廉価版の販売ブランドとしての役割をも担うこととなります。
・2006年12月末日
日本国内の輸入総代理店であった山野楽器と米国ギブソン社との輸入代理店契約が終了しました。
現在は米ギブソン社直属の日本法人、
ギブソン・ギター・コーポレーション・ジャパンが日本向けにモデルを供給しています。
エピフォンはよく目にするメーカーですね。
このような経緯があったとは、僕も初めて知りました。
調べてみると、こういう発見があって楽しいです。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です