【アコギ】 アコースティックギター メンテナンス お手入れ エレキにも…

━━━━━━━━━━━━━━━━━

アコギのお手入れ方法、手っ取り早く知るなら↓↓

『アコースティックギター メンテナンス永久保存ガイド』




↑↑現在無料配布中です↑↑

ご希望の方は、入力フォームにて必要事項をご入力ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

「今日はアコギのメンテナンス方法を伝えます!」

こんにちは。久保文明です。

良いものを長く使うには、それ相応の手入れが必要です。

特にマーチンのようなメーカーは、
しっかり手入れさえすれば100年以上使えるギターがあります。

では、その手入れとは、何を、どうやったらいいのでしょう?





━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ギターを弾き終わった後に……』


演奏を楽しんだ後は、しっかりお手入れをしてあげます。
2~3日に一度くらいに、『ストリングクリーナー』で弦を磨いてあげます。

すると、新品で弦を買った時の響きが持続・長持ちします。
弦を保護して滑りも良くしてくれるので、しっかり磨きましょう。

ギターを複数持っていて、あまり弾かないギターがある場合、
そのまま放っておくと弦が錆びてしまいますが、
これを使う事で弦のライフを伸ばす事が出来ます。

錆びた弦は、ギザギザのヤスリのようになってしまうので指の感触が悪く、
こもった感じの音になってしまう場合があります。

さらに、頻繁に弦を頻繁に変えなければならなくなります。
放っておいて、錆びてしまうと良い事はないです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

『指板のメンテナンス……』


レモンオイルで指板を磨きます。
特に、乾燥しやすい冬場はしっかり使います。

あまり頻繁に弾かないギターでも、月に一回は使って拭くといいです。
よく弾くギターなら2週間に一回くらいは拭くようにするといいと思います。

指板は常に指が触れる場所です。
つまり、人の指の油で汚れています。

それをレモンオイルで拭き取ってあげるのです。
基本的に弦を張ったままでも、外してからでも良いそうです。

弦にレモンオイルが付くと良くないという話も聞きますが、真偽はどうなのでしょう。
気になる人は弦に付いたオイルは後で拭き取る、くらいでいいと思います。
特に弦交換の時は、レモンオイルで指板を拭く習慣があると良いと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ギターの保管……』


普段ギターを置いておくなら、

・日陰で涼しい
・風通しの良い所

に置くといいです。

ギターは湿気に敏感です。木でできているからです。
湿気っぽい所には置くのは避けるべきです。

ただし、湿気がないからといって、直射日光は厳禁なのです。
長い時間、日の光に当てておくと、
ギターに使ってる板が乾きすぎて割れてしまいます。

ラッカー系の塗料が使われているギターは特に気をつけなければいけません。

しばらくの長い間、ギターを弾かない場合は、
弦は2~3回転ペグを回してゆるめておきます。
ケースに入れて、湿度の変化があまりないようにしておきます。

しかし、ケースに入れっぱなしでは湿気がこもってしまうので、
たまにはケースから出して弾いてあげる必要があります。

軽くですが、ギターのメンテナンスについて書きました。
今後も詳しく書いていければと思います。


それでは、今日はこの辺で……。

久保文明

━━━━━━━━━━━━━━━━━

アコギのお手入れ方法、手っ取り早く知るなら↓↓

『アコースティックギター メンテナンス永久保存ガイド』




↑↑現在無料配布中です↑↑

ご希望の方は、入力フォームにて必要事項をご入力ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です