【これから】 ギター コード 和音 押さえ方 とは 【始める】

ギターのコードに関して!
こんにちは。久保文明です。
前回お話した【コード】。
ギター演奏には欠かせない重要なファクターです。
そんなコードですが、具体的にはどう演奏するのでしょう?
今回は、短めですが、コードの弾き方(押さえ方)について、
ものすごく簡単にですが、書いていきたいと思います。
ギターには(他の楽器もそうですが)決められた押さえ方があります。
コードはその1つです。
今回は、前回紹介したカノンコードを例に書いていきます。
カノンコード基本形-ハ長調
| C | G | Am | Em | F | C | F | G |
これがカノンコードです。
ここに登場するのは、
『A』『C』『Em』『F』『G』という5つのコードです。
『A』は普通に『エー』と読みます。
『Em』のように、小文字の『m』がくっついている場合、
これを『Eマイナー』、つまり『イーマイナー』と読みます。
詳しい理屈などは後ほどで、
今回は押さえ方、押さえる位置について書いていきます。
ギターを弾く、というのは、弦を押さえ、鳴らす、ということです。
カノンコードはどのように押さえればいいのでしょうか。
その押さえ方が、この画像です。
$Music-style
左端の、太くなっている線が、ギターの一番上(ナットと呼ばれる場所)を表しています。
その1つ右の線を、『1フレット』、以下右以降『○フレット』と呼びます。
番号は、
①人差し指
②中指
③薬指
④小指
を意味しています。
このコードの中で、初心者封じとも言われる難関コードは『F』です。
人差し指で1フレットの際を全てしっかり押さえ、
他3本の指でも押さえるべき場所がある、という、
初心者なら誰もが壁と感じるコードです。
ですが、何事も練習。練習次第で、必ずできるようになります。
以上がカノンコードの押さえ方です。
画像を参照に、ぜひ試してみるといいと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です