【ギター】 ギター 楽器 上達 方法 考え方 その1【上達】

ギターの才能!?
こんにちは。久保文明です。
今回は、ギターの上達のための考え方について、
書いていきたいと思います。
楽器を始める誰もが思うこと。
それは『上手くなりたい』『プロのああいう感じに、自分も弾きたい!』
ということです。
そして、ほぼ誰でも、ある時期にこう思います。
『上手くならない』『才能がないのかも……』
果たして、才能がないから上手くならないのでしょうか?
僕は、ギターを始めて、5年経ちます。
しかし、早弾きはおろか、難しいコードもろくに弾きこなせません。
というか、パワーコードをある程度弾けるようになったのも、
つい半年ほど前です。このブログを始めたくらいでしょうか……。
5年もやってて、
そんな中学や高校の音楽の授業で習う程度の技術もないのか。
才能がないんじゃないのか。
そう思われる方もいるかもしれません。
逆に、同じ境遇の方もいらっしゃるかもしれません。
『長くやっているが、上達しない』
『楽器を買っただけで満足してしまった』
『あのかっこいいギターは、今やただのインテリアだ』
僕もそのクチでした。
5年前に、初心者セットの、1.5万円くらいのものを買いました。
謎の多いフォトジェニック製です。
セットで付いてきたアンプも小型アンプで、
初心者といえども、納得できる音ではありませんでした。
音を出しても、僕の好きなあの曲のギターのような音はでません。
(エフェクターもかましていないので当然……)
結局、壁に掛ける器具を購入し、
ログハウスのインテリアになりました。
時々触りはしたものの、結局放置。約5年の歳月が流れます。
と、いうことは。
『パワーコードをある程度弾けるようになったのも、つい半年ほど前です』
というのは、5年放置した後の半年で弾けるようになった、ということです。
しかも、実際に形になったのは、きちんと練習し始めて半月程です。
さらに、ベースやドラムも同時に練習しており、
現在では簡単な曲なら楽器を持ち替えても演奏できます。
なぜそうなったのでしょうか?
それにはたった1つの、かつ大きな理由があります。
それは、
『環境が変わった』
ということです。
具体的に何が変わったかというと、
【それまでの自分】
・ギターは部屋の飾り
・アンプはしょぼいミニアンプ(しかもほぼジャンク)
・エフェクターは持ってない
★特に弾きたい曲はない(弾けそうにないから、と諦めていた)
★当然、バンドは組んでいない
★弾けるようにならなければいけない『期限』はなかった
↓ ↓ ↓ ↓
【現在の自分】
★仲間たちとバンドを組んだ
★バンドでやる曲を、しっかり弾こうと思った
★弾けないとメンバーに迷惑がかかるため、練習の『期限』があった。
★知識を貯めるために、ブログで記事を書き始めた
・アンプを買い替えた(VOXとマーシャル)
・エフェクターを買った(オーバードライブ、ディストーションetc)
・音が良いので(思っていた音なので)、
やる気が上がり、ギターを毎日触るようになった。
こういったかたちで、環境が変わりました。
意図的に変えた、といっても良いかもしれません。
それがどうして良かったのか、
次回などで書ければと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です