【アイバニーズ】 ギター メーカー ブランド 【Ibanez】

アイバニーズとは!?
こんにちは、久保文明です。
今回も、ギターブランドについて書いていきたいと思います。
今回紹介するのは、アイバニーズというブランドです。
アイバニーズとは……
『アイバニーズ』(Ibanez)は、
日本の楽器メーカー『星野楽器』のギターやベースに名を冠されるブランドです。
第二次大戦前に星野楽器が輸入していたスペインのギター製作家、
サルバドール・イバニェス(Salvador Ibanez)の工房がスペイン内戦によって廃業した後、
星野楽器が商標を買い取ったものが、その始まりです。
当初は『イバニェス・サルバドール(Ibanez Salvador)』というブランドでしたが、後に『Ibanez』とされました。
日本ではIbanezは『イバニーズ』とも呼ばれていました。
しかし、1980年代の末頃、英語読みをカタカナ化した『アイバニーズ』が正式な呼称となりました。
1970年代後半から1980年代にかけて一斉を風靡したニューミュージックバンド、
『オフコース』のギタリスト、鈴木康博に『AR(Artist)』シリーズを提供し広告塔としていました。
1980年代のヘヴィメタルブームの時期に看板モデル『RG』を誕生させ、
ポール・ギルバートやスティーヴ・ヴァイらと積極的にエンドースメント契約を結んで人気が高まり、
コーン、リンプ・ビズキットなどのヘヴィロックのミュージシャンに支持されるようになりました。
オフスプリング、ペニーワイズなどのメロコア勢にも多数使用されています。
他にも、ジョー・サトリアーニ、パット・メセニー、ジョージ・ベンソン、ジョン・スコフィールドらにも、
ギターを提供し、シグネイチャー・モデルを生産しました。
『GSRシリーズ』など価格面でも操作性面でも優しく設計された初心者向けの製品の販売もしており、
廉価版アンプも数種類用意されています。
エフェクターやアンプも製造していますが、
特にオーバードライブ・エフェクターの『チューブ・スクリーマー』シリーズは、
ゲイリー・ムーア、スティーヴィー・レイ・ヴォーンらも愛用する、この分野の定番商品です。
事実上世界初の市販化となった7弦ギターや、
エクストラロングスケールのギターなど、
先進的な製品を発売することでも知られています。
さらに2008年には8弦エクストラロングスケールギターを発売し、2009年には7弦ベースを発売しました。
低価格ながら、確かな品質の楽器が多いブランドです。
著名な方々にも愛用されています。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です