【スクワイヤー】 ギター メーカー 【フェンダー】

スクワイヤーとは!?
こんにちは。久保文明です。
今回はギターメーカー『スクワイヤー』について、
書いていきたいと思います。
スクワイアまたはスクワイヤー (Squier) は、
フェンダー社が使用しているブランドの1つで、
主にフェンダーブランドに比べて、
安価なエレクトリックギターやエレクトリックベースに使用されているメーカーです。
日本語表記は、スクワイアとスクワイヤーがあります。
スクワイア/スクワイヤーのブランド名は、
フェンダー社が1965年に買収した弦メーカーの『V.C. Squier Company』に由来します。
フェンダー社は1970年代末から、日本製の高品質かつ安価なコピーモデルとの競合に苦しみ、
1982年に日本の神田商会や富士弦楽器製造(現在のフジゲン)と提携して、
『フェンダージャパン』、『スクワイア/スクワイヤー』の2つのブランドを創設しました。
スクワイア/スクワイヤーは当初、日本国内専売ブランドでしたが、
やがてフェンダー社はこれをヨーロッパ向けの廉価ブランドとして利用することを考え、
最終的にはフェンダー社の廉価ブランドとして全世界に供給されるようになりました。
製造国も日本以外に拡大し、これまでに、
●韓国
●インドネシア
●中国
●メキシコ
●インド
で、スクワイア/スクワイヤーが製造されています。
当初ヨーロッパに供給されていたのは、
日本国内では『フェンダージャパン』ブランドで販売されていた製品で、
『JV』(Japan Vintageの意)シリアルのフェンダージャパン、
いわゆる『ジャパンヴィンテージ』に相当します。
これは1984年まで供給され、高い評価を受けました。
この時期のラインナップは、
●1957年製および1962年製ストラトキャスター
●1952年製テレキャスター
●1957年製および1962年製プレシジョンベース
●1962年製ジャズベース
の公式コピーモデルです。
その後、ロゴが現在の『Squier by Fender』に変更されました。
スクワイア/スクワイヤーの製品がアメリカに供給されるようになったのは1983年です。
これも自社のアメリカ工場製品では、
日本製のコピー商品に質と価格で太刀打ち出来なかったフェンダー社の苦肉の策だったそうです。
この時に1970年代モデルの製品がラインナップに追加されています。
更に『ブレット』(ストラトボディにテレキャスターネックのギター)などの廉価モデルも追加されました。
1985年以降は古い時代のモデルの公式コピー以外に、現代的なスペックの製品を販売します。
●2002年には7弦ギター
●2006年には『ハローキティ』ストラト
(ピンク色のピックガードレスボディにキティちゃんの顔がプリントされたもので、
ピックアップはリアにギブソン型ハムバッカーのみでコントロールは1ボリューム)
も発売しています。
低価格にして、高品質。
さすがはフェンダー社のブランドです。
それでは、今日はこの辺で……。


2 Comments

  1. 瑠璃葉 2013年3月29日 Reply
  2. 久保文明 2013年3月30日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です