【アンプ】 違いとは? 【スピーカー】

『スピーカー』と『アンプ』の違い!
こんにちは。久保文明です。
≪エレキベース(ギター)≫ → ≪(エフェクター)≫ → ≪アンプ(スピーカー)≫
→ 【ダイレクトボックス】 → ≪ミキサー≫
→ ≪メイン、モニタースピーカー≫
という、楽器から、ミキサーを経て、
スピーカーに至るまでの道筋を書きました。
その中で、
≪アンプ(スピーカー)≫
などと書かれているところがあります。
アンプとスピーカーが分かれていますね。
これには訳があります。
実は、『アンプ』と『スピーカー』は別物なのです!
一体どういうことなのでしょう?
アンプと言って想像するのは、恐らくこういうものだと思います。
$Music-style
これは『コンボアンプ』と呼ばれるタイプのものです。
略してアンプ、などと呼ばれていますが、
実際はただのアンプではありません。
『アンプ』と『スピーカー』が一体化したものなのです。
では、アンプとはなんなのでしょう?
アンプとは……
そもそもアンプとは、電気信号を増幅する装置のことです。
エレキギターの音は、電気信号→音、という風に変化します。
ただ、エレキギターなどの電気信号は、始めはとても微弱なのです。
アンプが、ギターの発する微弱な電気信号を増幅しなければ、
音になるレベルの電気信号にはなりません。
つまり、アンプとは、
微弱な電気信号を増幅して、音にする前準備をするための装置です。
なので、アンプは音を出す装置ではありません。
よく『アンプから音が出ない』という言葉を聞きますが、
アンプから音が出ないのは、実は当たり前なのです(笑
スピーカーとは……
アンプによって増幅された信号を、音に変換する装置がスピーカーです。
最終的に音を発しているのが、このスピーカーなのです。
エレキギターなどの音を出したいのであれば、
アンプとスピーカー両方無いと意味がありません。音が出ません。
アンプとスピーカーがひとつになっているものが、
コンボアンプと言われているものです。
$Music-style
今日のまとめ
・アンプについて
・スピーカーについて
・アンプとスピーカーは別物
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です