【ミキサー】 ダイレクトボックス DI とは 【ライン入力】

ダイレクトボックスとは!?
こんにちは、久保文明です。
前回登場した、ミックスに関する用語達……
・ダイレクトボックス(DI)
・ミキサー
・メインスピーカー
・モニタースピーカー
・パワーアンプ
・etc……
今回は、この中の『ダイレクトボックス(DI)』について、
書いていきたいと思います。
ダイレクトボックスとは……
$Music-style
一言で言えば、エレキギターやエレキベースの音を、
シールド等の線で、直接ミキサーなどに送るための仲介役です。
『え!? エレキギターやベースって、直接ミキサーと繋げないの!?』
と、その時僕は思いました。
いかにも『繋げられますよ~』と言わんばかりの端子群が、
ミキサーにはありますからね(笑
そうなのです、実は繋ぐことが出来ないのです。
ミキサーに音を送る場合、
一般的に
・ギターはマイク
・ベースはライン
と呼ばれます。
ギターの場合、ギターアンプから出た音をマイクで拾い、
マイクが繋がったミキサーに送ります。
ベースはベースアンプからの出力をライン(シールド)でミキサーに送ります。
このとき、ベースアンプからの出力は弱く、
直接ミキサーに送っても音がきれいに出ないのです。
電気抵抗や音の大きさが違うのが原因らしいです。
俗に言う『インピーダンス』ですね。
とにかく、ベースアンプの出力を直接、ミキサーには送れないのです。
これはエレキギターでも同じで、
ギターアンプ(スピーカー)からの音をマイクで拾うのではなく、
ラインでミキサーに接続する場合、直接は繋ぐことが出来ません。
そこで、アンプの出力をミキサーに直接送れるようにするために、
インピーダンス(抵抗)を変換するのが『ダイレクトボックス』です。
直接送れなかった出力を接続可能にできるため、
Direct……直接
Injection……注入(入力)
Box……箱
と呼ばれています。省略して『DI』です。
さまざまなDIがありますが、機能としては大雑把に、
『エレキギターやエレキベースの音を、
ラインで、直接ミキサーなどに送るための仲介役』
と捉えていれば、とりあえずは大丈夫です。
接続イメージは、こんな感じです。
≪エレキベース(ギター)≫ → ≪(エフェクター)≫ → ≪アンプ(スピーカー)≫
→ 【ダイレクトボックス】 → ≪ミキサー≫ → ≪メイン、モニタースピーカー≫
といった具合です。
ミキサーに送る手前にある感じですね。
今回はDIの概要だったので、
DI自体の特徴などについても書いていければと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


2 Comments

  1. もぅ、高校生 2013年3月24日 Reply
  2. 久保文明 2013年3月26日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です