【iPAD】 使用 方法 感想 エフェクター【amplitube】

iRigの繋ぎ方!
こんにちは。久保文明です。
今回は、写真を交えたiRig接続の具体的なイメージについて、
書いていきたいと思います。
まずは、通常のエレキギター仕様時同様、
ギターにシールドを接続します。
$Music-style
画像はテイラーのエレキギターですが、
いつも通り、シールドを差し込みます。
それから、iPAD側です。
iPAD側は、iRigを接続します。
$Music-style
画像は、ケースが付いていますが、iPADです。
ケースによっては、iRigの端子が奥までささらないこともあるようです。
音が出ないな、と思ったら、その辺も疑ってみると良いと思います。
iRigの、通常のイヤホン端子側をiPADに接続し、
その反対側に、いつもならアンプに接続する方のシールドを差し込みます。
これで準備完了! と思いましたが、何やら音が出ない……
通常、音楽プレーヤーなどは、イヤホン端子を差し込むと、
スピーカーから音が出なくなります。
つまり、iRigがささっていることで、スピーカーから音が出ないのです。
そうすればいいのかというと、
$Music-style
iRigのiPAD側に、何やらイヤホンを差し込む部分があります。
ここに、イヤホン、ヘッドホン、
あるいは外部のスピーカーへと繋がるケーブルを差し込めば、
音が聞こえるようになるのです!
僕は、安いヘッドホンと、BOSEのスピーカーの2つで試してみました。
$Music-style
ヘッドホンの方は、設定がアレなのか、右側の音がとても強く、
今後、要設定です。
外部のスピーカーからも、音が出ました。
本当にアンプのようでした。
エフェクトは、無料で手に入る、
ノイズフィルター、ディレイ、ディストーションを使いました。
レイテンシー(アタックとスピーカーからの音がズレる現象)はほとんどありませんでした。
$Music-style
ただ、ノイズフィルターがないと、雑音がかなり邪魔をします。
機材、環境によると思いますが、音質・音量も少し安定しない時がありました。
それ以外では、調整も容易く、
有料で数をそろえれば、お手軽なマルチエフェクターになるので、
遊ぶにはもってこいのアプリだと思いました。
それでは、今日はこの辺で……。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です