【iPAD iphone】 amplitube エフェクター アプリ 【ギター】

iPADをエフェクターに!
こんにちは。久保文明です。
今回は、iPADをエフェクターとして使えるアプリ、
『amplitube』について、書いていきます。
無料なのに多機能なこのアプリ。
ディストーション、Delay、ノイズフィルターは無料で使えて、
チューナーも内蔵、メトロノーム機能まで付いています。
このアプリ、なんと無料でダウンロードできます!
iphone、iPADを持っているギター好きなら、
ぜひダウンロードすべきアプリです。
僕も早速ダウンロードしてみます。
DL後、起動するとこのような画面がでてきます。
$Music-style
『Delay』『Noise Filter』の2つが選べます。
しかし、どれだけ探しても他のエフェクトが出てこない……
それもそのはず。
ユーザー登録をしなければならないのです!
無料で手に入るディストーションのため、
ユーザー登録をしてみます。
$Music-style
『メニュー』から『アカウント』を選びます。
すると、『ニューアカウント』という部分が出てくるので、タッチ。
$Music-style
必要事項を入力し、Createをタッチ。
すると、入力したアドレスにメールが送られてきます。
余談ですが、Gmailで登録したら、
ユーザー名、パスワードが記載されたメールが届くのに、
少し時間がかかりました。
すると、ディストーションが追加されています!
(僕が何か弄ってしまって、追加された可能性もありますが……)
追加されていなければ、『Store』の『Stomp Effects』から取得できるはずです。
$Music-style
この3番目にあるのが、ディストーションです。
$Music-style
使う時には、この『iRig』で、ギターとiPADを繋ぎます。
繋ぎ方等は後ほど……
音の方は、どうにかして伝えられればと思いますが、
試行錯誤中です(笑
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です