【iPad】 ガレージバンド 【録音】

iPadでギターを録音!?
こんにちは。久保文明です。
ギターの録音に関して、最近いろいろ書いています。
今回は、なんとそんなギターの録音が『iPad』でできる! という記事です。
以前この記事で、
ガレージバンド
ガレージバンド、というものにちぃて書きました。
実は、このガレージバンドのiPad用アプリが存在するのです。
今回は、ほんの概要を書いていきます。
ガレージバンドには、iPhone、iPadのアプリがあります。
そんなiPadアプリのガレージバンドのある画面はこのような感じです。
$Music-style
Voxのアンプに酷似していますが、
マーシャルなど、様々なアンプシミュレーターが、
アプリ内に用意されています。
ギターをiPadに繋いで、アプリ内のアンプを選択、調整して、音を作ります。
もちろん、エフェクターも、多くの種類が用意されています。
$Music-style
ここで疑問。
iPadにどうやってギターを繋ぐんだ……!?
iPadとギター、シールドだけでは、もちろん双方を繋げることができません。
PCで言うオーディオインターフェイス的な役割が必要です。
ギター、iPadの間の、仲介役ですね。
それは、こんなものです。
$Music-style
これは、『iRig』と呼ばれるケーブルです。
片側をギター、もう片側をiPad。
そして、太くなっている部分に、イヤホン、ヘッドホンを差し込めます。
音はイヤホンなどで聞くことになりますね。
そして、アプリの操作で録音を開始し、
各トラックに録音していきます。
$Music-style
このようなイメージですね。
今回は概要ということで、
今後、詳しく書いていけたらと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です