【宅録】 アンプシミュレーター 使い所 【ギター】

宅録、音の加工?
こんちには。久保文明です。
宅録で今や主流の『ライン録り』。
『ギター』→『オーディオI/F』→『PCで(に)録音』
という順序で繋がれていますが、(かなり簡略化されていますが……)
そのギターの『音色』は、どのように作るのでしょう?
普通は、
『ギター』→『アンプ』→『作られた音』
『ギター』→『エフェクター』→『アンプ』→『作られた音』
このように、アンプやエフェクターで音を作っていると思います。
しかし、『ライン録り』では、
『ギター』→『オーディオI/F』→『PCで(に)録音』
となるため、基本的にアンプを使いません。
音も、PCから聞こえます(PCに接続したヘッドホンや、スピーカー等……)
では、どうやって音を作っていると作っていくのでしょうか。
ここで登場するのが『アンプシミュレーター』という物です。
アンプシミュレータとは……
アンプシミュレーターとは、本来はMTRなどで、
ギターの音録りをするときに利用する機材です。
つまり、MTRやオーディオI/F(PC)などに、
ライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに、
音を作るために使います。
というのも、
エレキギターなどの場合、
ギターらしい音を得るために、
アンプやエフェクターの役割はかなり大きなウェイトを占めます。
しかし、ライン録りには、その過程がありません。
なので、ギターを直接ラインに入力して、
アンプを介さずにギターらしい音を得るための機材として、
アンプシミュレータという機材があります。
アンプシミュレータを使うと、
アンプを通したギターらしい音を作り、ラインで録ることができます。
それからアンプシミュレータには、
様々なギターアンプの特性をシミュレートする機能もあります。
アンプシミュレータ一で、いろいろなタイプのアンプの音を再現、利用できます。
ただし、作られる音に関しては、シミュレータなりの『再現感』があるとも言われています。
最近では、マルチエフェクターの中にアンプシミュレータ機能が組み入れられたり、
逆にアンプシミュレータの側にエフェクター機能が備わっていたりと、
2つの境界が曖昧になってきています。
それから、実機としてのアンプシミュレーターもありますが、
PC用に、ソフトウェアとしてのアンプシミュレーターも存在します。
無料のフリーソフトもたくさんあり、
設定などがややこしいですが、手軽にアンプシミュレートすることができます。
アンプシミュレーターも、宅録で活躍する機材の1つですね。
それでは、今日はこの辺で……。


One Comment

  1. ゆっこ 2013年3月15日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です