【宅録】ロー出しハイ受け 【トラブル】

AIとギターのトラブル!?
こんにちは。久保文明です。
今回は、オーディオインターフェイス(AI)で、
よく起きるトラブルについて書いてみたいと思います。
その1つが『ハイ出しロー受け』という現象(?)です。
これは『インピーダンス』と呼ばれるものの話です。
インピーダンスとは……
交流信号に対する抵抗の事、などと言われています。
単位はΩ(オーム)で表されます。
難しいものなので、
『入力と出力のパワーバランス』のパワーを表すもの、
などとイメージしておくと良いと思います。
楽器や機器など、それぞれ決まったインピーダンスがあります。
機器間の接続(AIなどで……)を行う時にはインピーダンスを合わせるか、
『ロー出しハイ受け』と呼ばれる組み合わせにしないと、正常に動作しないのです。
それは、ギターで言えば、
ギターの力(インピーダンス)が低く、
AIの力(インピーダンス)が高い、
というような状況です。
この『ロー出しハイ受け』と呼ばれる組み合わせであれば、
正常に動作し、普通に音が鳴ります。
逆の組み合わせの『ハイ出しロー受け』だと、
信号の伝達が正常に行われず、
歪みが発生するなどの障害が発生してしまいます。
実は、エレクトリックギターや、エレクトリックベースなどの電気楽器は、
特に気を付けた方が良いのです。
エレクトリックギター、エレクトリックベースのピックアップの出力は、
かなりインピーダンスが高いのです。(ハイインピーダンス)
つまり、『ロー出し』がしづらい状況であると言えます。
これだと、
通常のミキサーのマイク入力などにそのまま接続しても、正常に音が出ません。
一部のオーディオI/Fやミキサーでは、
エレクトリックギターなどの接続を考慮して『ハイインピーダンス対応』、
となっているものもあります。
前回紹介した僕のAIも、そうなっています。
それが『Hi-Z』というボタンなのです。
$Music-style
『Hi-Z』というボタンは、こういう理由で付いているのですね。
調べてみると、奥が深いものです。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です