【宅録】オーディオインターフェイス 選び方 【ギター】

オーディオインターフェイスの選び方!
こんにちは、久保文明です。
今回は、オーディオインターフェイスの選び方について、書いていきたいと思います。
いろいろと、DTMや、自宅での楽器のレコーディングについて書いてきましたが、
必要機材はどのように選べばいいのか。
今回は、【オーディオインターフェイス】編です。
選ぶ際、考えた方がいいのは、
①用途(目的)
②予算
③機能(クオリティ)
です。
番号を付けてしまいしましたが、優先順位はありません。
あるとしても、それは個人によると思います。
あくまで、【初めて】や【初心者】といった段階の方々向けに、これらを挙げました。
さて、では①の『用途(目的)』です。
今回は、楽器の宅録をテーマとしているので、それに準じていきます。
楽器の録音方法は大きく2つ。
楽器とAIを直接繋ぐか、楽器の音をマイクで拾うか、です。
どちらも一長一短、好き好きですが、
どちらを行うかで、別々のAIを購入する必要はありません。
最近では、そこそこ安価でもどちらの機能も付いている、
というのが一般的になってきています。
とりあえず、用途は
『楽器とAIを直接繋いで録音する、それから楽器の音をマイクで拾う』
ですね。
②予算
用途や、欲しい機能、それから使用方法などがハッキリしていれば、
それに見合った予算を、それこそ数万~数十万円、あるいはそれ以上まで定められます。
しかし、初めての購入で、何を買ったらわからない場合は、
5万円弱のものを選んで、買ってみるといいと思います。(もちろん、機能を確認してから……)
僕が使っているAIは、Rolandのもので、1.5万円ほどで購入しました。
有名メーカーだから良い、という訳ではありませんが、
有名メーカーがある程度定評を得ているのも事実です。
そんな、入門機的なもので、ある程度感覚を掴んでから、
欲しい機能、より高価なものへとステップアップしていくといいと思います。
(高い方が良い訳ではありませんが、通説的に……)
③機能(クオリティ)
これは①で書いた『用途』とかなり密接に関わってきます。
『楽器とAIを直接繋いで録音する、それから楽器の音をマイクで拾う』
という2つのやりたいことがあるのならば、
●直接シールドで楽器を繋げる
●マイクを繋げられる
●ファンタム電源が確保できる
の3つが必要となってきます。
3つ目は、アコースティックサウンドを、
より繊細に録音するために、コンデンサーマイクを用いるのに必要です。
コンデンサーマイクを使わないのであれば、
ファンタム電源はとりあえず置いておいてもいいと思います。
あと、あえていうなら、
●Dawソフトが付属しているか
これは、もしDawソフトを持っていなくて、
かつ購入ないし、ダウンロードする予定がない人にオススメです。
オーディオインターフェイスには、最近ではほとんどのものに、
なんらかのDawソフトが付属しています。
ライト版だったりと、機能が控えめなことが多いですが、
初めて使って、慣れていく分には、十分だと思います。
大まかな選び方はこんな感じです。
細かいことを挙げればきりがないので、
僕が持っているオーディオインターフェイスでできることなど、
紹介できればと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です