【Godin】 ギター メーカー 【ゴダン】

Godin ?ゴダン- とは!?
こんにちは。久保文明です。
今回は、ギターメーカー『ゴダン』を紹介したいと思います。
ゴダンとは……
ゴダンギターはRobert Godin (ロバート・ゴダン)氏が開発した、
今までにない新発想のコンセプトを実現した独創的な新世代ギターです。
そのコンセプトは、
①ライブでの使用を前提に企画設計
②リアルなアコースティックサウンドをプロデュース
③他の楽器からの持ち替えでも違和感のない演奏性
という3つからなるそうです。
【ダブルチェンバーボディ構造】
$Music-style
ダブルチェンバーボディ構造とは、
ライブで使用されることを前提に考えられた、
ゴダンオリジナル設計のボディ構造です。
ゴダンでは、
通常の『サウンドホールをなくし』、
EQ周りの溝を空気孔としています。
この結果、外からの音はボディ内に入りにくいので外部音に影響されることなく、
よりギターの純粋な音を出すことを可能としています。
フィードバックを限りなく最小限にとどめることで、
ギター本来の持つサウンドと、その能力やコントロールをフルに活用できます。
このシンプルな発想をベースにした設計は、
ライブ時に圧倒的な優位性と差別化を確立しました。
【ハウリングしない……?】
アコースティックギターをライブで使用する時に、
1番の問題となるのが『フィードバック』。
フィードバックとは、
一般的なピエゾピックアップ搭載のエレアコの特徴で、
大きなサウンドホールがある為、
特にバンドアンサンブルではドラム、ベース、
それにアンプから出た自分自身の音などがサウンドホールに入り込み、
共鳴を起こしてノイズになるという現象です。
ハウリングともいいます。
上記のように、
ゴダンギターは画期的な『ダブルチェンバーボディ構造』により、
『フィードバック』を回避し、
『ギターの持つ本来の能力をフルにコントロール、リアルな生サウンドを出力』
と言うギターが本来あるべき姿を実現しました。
ゴダンはエレアコだけでなく、
セミホロウボディのエレキギターなども製作しています。
$Music-style
音量や、伝達性など、
メカニックな部分にもしっかりこだわって作られています。
まさしく『新発想』という言葉の似合うメーカーだと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です