【DTM】 レコーディング 機材 【録音】

レコーディング!!
こんにちは。久保文明です。
日々、様々なメーカーや、楽器を紹介していますが、
そんな楽器達を使って演奏することも楽しいですが、
録音して形に残すことも、とても面白いと思います。
好きなアーティストの曲ももちろん、
オリジナルを作ろうと思えば、録音、編集は必須。
今日はそんなレコーディングについて、軽く書いていきたいと思います。
今回は、一般的なレコーディングで使用される可能性の高い、
レコーディング機材について紹介していきます。
最近のレコーディングでは、パソコンを使用することが多くなってきました。
僕自身も、時々録音した音声をパソコンで編集したりします。
しかし、レコーディングと言われてイメージするのは、
つまみのたくさん付いたテーブルのような、いわゆる『ミキサー』だったりすると思います。
とりあえず今回は、そんなパソコンを使用しない場合のレコーディング機材を紹介していきます。
そんなレコーディングの機材は、主なものを挙げると5つあります。
①MTR
②ミキサー
③エフェクター
④マイク
⑤スピーカー
です。
軽く、掘り下げてみます。
①MTR
$Music-style
よくMTRという言葉を聞きますが、
実は『マルチトラックレコーダー(Multi Track Recorder)』の略なのです。
主な用途は、いくつもあるトラックに別々の楽器の音を録音することです。
レコーディングでは、録音したそれぞれの楽器の音を後で調節できるように別々に録音する必要があります。
ギターならギターだけの音を、ベースならベースだけの音を……という具合に、
それぞれ別の音として録音し、綺麗にバランスを調整してから合わせる必要があるのです。
そのためにMTRを使用する必要があります。
②ミキサー
$Music-style
入力した複数の音をまとめて出力する機材がこの『ミキサー』です。
レコーディングでイメージする機材はこれだと思います。
まとめるときにそれぞれの音量や音質を調節して出力することができます。
レコーディングでは、MTRに別々に録音された楽器音をまとめるために使用する場合が多いです。
しかし、MTRに録音する前にある程度音をまとめたり、
音質調整するためにも使用されることもあります。
③エフェクター
$Music-style
ご存知エフェクター。
ただ、よく知られているのはエレキギター用のエフェクターですが、
ボーカル用のエフェクターなど、様々なものがあります。
どんな機材かというと、もちろん、音を加工するための機材です。
加工する方法によりいろいろな種類のエフェクターがあります。
レコーディングでは、MTRに録音する前の音を加工したり、
MTRの音をまとめるときに加工したりと様々な場面で必要になる機材です。
④マイク
$Music-style
マイクはもちろんあのマイクです。
ボーカルなどの声や、ギター、ベース、ドラムなど、
いろいろな楽器音を録音するためのものです。
空気を伝わった音波を電気信号に変える機材です。
⑤スピーカー
$Music-style
スピーカーは、音を出すための機材です。
もっと言うと、レコーディングした音を聴くための機材です。
空気を伝わる音波を電気信号に変えるマイクとは逆に、
電気信号を空気を伝わる音波に変える機材、といった感じです。
楽器だけでなく、こうした機材もあれば、
より音を楽しむことができます。
今後、より詳しく書いていければと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です