【ESP】 ギター メーカー 【イーエスピー】

『イーエスピー』とは!?
こんにちは。久保文明です。
今日はイーエスピーという会社、メーカーについて書いていきたいと思います。
株式会社イーエスピー(ESP Co.Ltd、Electric Sound Products)は、音楽関連企業です。
・音楽事業
・楽器製造事業
・アーティストやギター職人等を養成するための専門学校
などをはじめとする音楽教育事業を大きな柱としています。
1975年に日本にて設立され、1981年にアメリカへ進出しました。
1970年代初期の第一次エレキブームの数少ない生き残りである渋谷尚武が、
・河合楽器製作所
・日本楽器製造(現ヤマハ)
・フェルナンデス
の3か所の勤務で得た知識をもとに、
1975年に20才台の若者3人と創業したギターメーカーです。
渋谷にあった、元は医院であった建物を改装したショップには、
森園勝敏、石間秀機、高中正義、大村憲司、徳武弘文、土屋昌巳らが訪れ、
経営は順調でした。
一方、ESPは人気ギタリストのCharのシグネチャーモデルや、
1980年代のジャパニーズヘヴィメタル(ジャパメタ)ブームに乗り躍進します。
ラウドネス、アクションなど当時の人気バンドの数多くのグループが、
ESPのギターを愛用しました。
日本国外においても、
ジャーニーのニール・ショーンのダブル・ネックギターを製作したことで注目されました。
その後ドッケンのジョージ・リンチや、
当時キッスに在籍していたブルース・キューリック、
メタリカではジェイムズ・ヘットフィールド、
カーク・ハメットらの使用により有名ブランドとなりました。
アパレルメーカーであるPEACE MAKERのデザインを
取り入れたフィニッシュを持つ楽器や、
ドラえもんのイラストが施されたギター、
機動戦士ガンダムに登場するビームライフルの形状のギターなど、
旧来の楽器のイメージにとらわれない異種メディアとのコラボレーションも行っています。
【主な製品モデル】
◆HORIZON
ESPの代表的なモデルのひとつであるエレキギターです。
過去に様々なタイプのモデルが数多く存在していましたが、
現在ラインナップに入っているのが、
最高位にあたる『HORIZON-CTM(カスタム)』と、
アルダーボディーのスルーネック構造でフロイド・ローズ搭載の『HORIZON-I』、
マホガニーボディーでノントレモロブリッジの『HORIZON-II』、
HORIZON-Iの発展系でこれまでのHORIZONとはボディ形状の違う、
『HORIZON-III』の4つです。
発音的には”ホライズン”又は”ホライゾン”の呼び方があります。
主に使用しているミュージシャンは、
SUGIZO(LUNA SEA・X JAPAN)、
薫(DIR EN GREY)、
麗(the GazettE)などです。
◆FOREST
ESPのエレクトリックベースとして有名なモデルです。
tetsuya(L’Arc~en~Ciel)が使っていたことでよく知られています。
当初は4弦モデルのみでしたが、現在は5弦モデルも発表しています。
また、過去には6弦仕様のモデルも発売していました。
これのギターバージョンモデルとして、
フロイド・ローズを搭載したFOREST-GTや、
ノントレモロ仕様のFOREST-Gも発売されています。
Hi-STANDARDの横山健氏が愛用するメーカーとしても知られています。
常識にとらわれない、ユニークな楽器を作るメーカーですね。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です