【Epiphone】 カジノ 特徴 【エピフォン】

エピフォン【カジノ】!
こんにちは、久保文明です。
今回はエピフォンより『カジノ』というギターについて書いていきます。
エピフォン・カジノ (Epiphone Casino) とは……
$Music-style
1961年にエピフォン社がギブソン社に買収された後に、
ギブソン社がエピフォン・ブランドとして発売した、
アーチトップタイプのエレクトリックギターです。
ピックアップを2発搭載した最も一般的なモデルの型番は『E-230TD』です。
【構造の特徴】
ボディデザインはギブソン・ES-330をベースに作られています。
ES-335などと似た外見のために、
セミアコースティックギター(セミアコ)に分類されることが多いですが、
セミアコースティックギター同様のハーフデプスボディ(薄い胴)でありながら、
内部構造はセンターブロックがありません。
しかし容積が小さいため、セミアコに分類されます。
ピックアップはボディトップに長方形の穴を開け、
通常2基のP-90(ドッグイヤー型)というシングルコイルピックアップを装備しています。
ただし一般的なP-90ピックアップの外殻がプラスチック製であるのに対し、
カジノに標準装備されているP-90ピックアップの外殻は金属製です。
ボリュームとトーンコントロールノブは、
フロントとリア用にそれぞれ1つずつ計4つ付いています。
ピックアップセレクタースイッチはギブソンの他のギター同様、
センターポジションにした際、
どちらかのピックアップのボリュームを0にすると音がミュートされる構造になっています。
【サウンドの特徴】
センター・ブロックがないため通常のセミアコより太い音を出すことができ、
リズムギター、リードギターの両方に用いることができます。
またロックのみならず、ジャズにも向いています。
また生音でも比較的よく鳴るエレクトリックギターですが、
それが元でアンプの近くで演奏するとフィードバックが起きやすいです。
この欠点を逆手にとった演奏方法(フィードバック奏法)もできたりと、
様々な使い方ができるギターです。
ジョージ・ハリスンが映画『レット・イット・ビー』で、
リンゴ・スターに「アイ・ミー・マイン」を聴かせているときに生音で演奏しています。
ギブソン社がエピフォン・ブランドとして発表した『カジノ』。
これもいくつかのモデルがあり、
今後細かく書いていければと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です