【PRS】 ポール・リード・スミス モデル 【エレキギター】

PRSのモデル!
こんにちは、久保文明です。
ポール・リード・スミスには、いくつかのモデルがあります。
今回はそんなモデルについて書いていきます。
【レギュラーモデル】
◆Custom(及びCE、Standard)
◆Hollowbody
名前通り、フルアコースティックギターです。
ピエゾ・ピックアップがオプションでつけられます。
◆McCarty
当時のギブソン社長でPRSに様々な貢献をした、
テッド・マッカーティーから名づけられました。
Customよりボディに厚みがあります。
全てのMcCartyのモデルがセット・ネックです。
普通のギターと同じペグです(ヘッドの寸法でロッキングチューナーもつけられない)。
◆Mira
Santanaのボディシェイプを元に作られたモデルです。
PRSで数少ないピックガードがついている機種で、
Customなどの機種と比べて安価です。
コリーナボディなど様々な仕様があります。
◆Modern Eagle
レギュラーモデルでのフラッグシップ機種である、最初につくられた『Modern Eagle』は、
ネックにブラジリアン・ローズウッドを使用していました。
しかし、ブラジリアン・ローズウッドがワシントン条約により入手できなくなったことから、
使用木材をリニューアルし、代替機種として『Modern Eagle Ⅱ』が登場しました。
「Ⅱ」は1957/2008ピックアップを搭載しています。
2010年には「Ⅱ」の後継であるミニハムバッカーを3基搭載した、
『Modern Eagle Ⅲ』が25周年モデルとして登場し、
同年秋からはレギュラーモデルとして『ME Quatro』が登場します。
高級な木材などが使われ、フラッグシップ故に値段も高価です。
◆Singlecut
名前通り、シングルカットです。
見た目がギブソン・レスポールに似ていることから、
ギブソンに訴訟を起こされたが和解し、
(PRSのアドバイザーであるギブソン元社長のテッド・マッカーティが亡くなった後の出来事)
現在でも製造されています。
◆Swamp Ash Special
PRSで唯一、ネックにメイプルを使用しています。
ハムバッカー2基の間にシングルコイルがあります。
ボルトオン・ネックです。
◆513
PRSオリジナルのシングルコイルだけが装備されたモデルです。
バード・インレイもこの機種独自のものです。
見た目からアクティヴピックアップに見えますが、実際はパッシブピックアップです。
5つのシングルピックアップが装備され、13種類のサウンドを出すことが出来ます。
◆305
305は513の派生バージョンです。
シングルピックアップがフェンダー・ストラトキャスターと同じ配置で、
3つ装備されています。
これらなど、他にも多数のモデルがあります。
また、ベースも製造しています。
今後、シグネチャーモデルや、廉価版などについて、
書いていければと思います。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です