【フェンダー】 ジャガー エレクトリックギター 【Fender】

フェンダーの『ジャガー』とは?
こんにちは。久保文明です。
前回は、フェンダーの『ジャズマスター』というエレクトリックギターについて書きました。
今回は、ジャズマスターと関係が深い『ジャガー』について書いていきたいと思います。
$Music-style
ジャガー(Jaguar)は、フェンダー社のエレクトリックギターです。
1962年に、フェンダー社の最高級機種として発売されました。
トレモロユニットは兄弟機種の「ジャズマスター」と共通ですが、
ボディ・シェイプなどは細部が異なっており、
・ショートスケールのネック
・専用ピックアップ
・ピックアップON/OFFスイッチ
等の仕様が異なります。
ジャズマスターより音のエッジが立った、歯切れ良く鋭いトーンがサウンドの特徴です。
ブリッジの手前に、登場時流行したパッド式のミュートが標準装備されているのも特徴ですが、
演奏途中で切り替えるとブリッジが移動するのと同じ効果が現れ、
音程が上がるという欠点があったため、取り去ってしまうギタリストも多く、
他のモデルには波及しませんでした。
ザ・ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソンを筆頭に、
主に1960年代前半のサーフィン&ホット・ロッド・ミュージックでもてはやされた人気機種であり、
ブルージーンズ結成当時の寺内タケシや加瀬邦彦も使用していました。
しかし、弦振動がボディに伝わりにくいブリッジやトレモロの構造が災いして、
同社の先発商品「テレキャスター」や「ストラトキャスター」に比べてサステインに乏しく、
ロック音楽が次第に伸びのあるギター・サウンドを求めていくにつれて人気が衰え、
1975年に製造中止となりました。
1986年、フェンダー・ジャパンよりリイシュー(再発売)。
型番に『JG66-』と銘打たれているものは、
実際は1963~64年の仕様(バインディングのないネック、ラウンド貼りフィンガーボード)を基にしています。
しかしヘッドのフェンダーロゴはモダン・ロゴが付けられており、ミュートは省略されています。
1990年代初頭、ニルヴァーナのカート・コバーンが使用した事で、
オルタナ、グランジ界で人気機種となりました。
彼のモデルに倣って、ピックアップのハムバッカー化、ブリッジのチューン・O・マティック化など、
大幅な改造を施すことが流行し、
ひいては日本の某大手楽器店限定のコピーモデルが、フェンダー・ジャパンよりリリースされるに至ります。
この流れを受けて、2000年にはようやくフェンダー・USAでもリイシューが開始されました。
ジャパン製とは異なり、フラット貼りフィンガーボードで、ヘッドには正しいトランジション・ロゴが貼られています。
ミュートも標準装備されています。
アーティストの使用で、人気が再発する楽器界。
しかし、機能はどんどんと淘汰されていきます。
これからどんなギターが生まれてくるのか……
楽しみですね!
それでは、今日はこの辺で……。


2 Comments

  1. 桃香の飴ちゃん 2013年1月13日 Reply
  2. 久保文明 2013年1月14日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です