【フェンダー】 ジャズマスター エレキギター 【Fender】

フェンダー・ジャズマスターとは!
こんにちは。久保文明です。
今日もフェンダーのエレキギターの紹介です!
その名も【ジャズマスター】!
一体どんな楽器なのでしょうか……。
$Music-style
ジャズマスター(Jazzmaster)は、1958年に発表された、
フェンダー社のエレクトリック・ギターです。
当時、【ギブソン・レスポール】はジャズ・ギタリストに愛用されていました。
故にか、テレキャスターやストラトキャスターを、
ジャズで使用するギタリストはいませんでした。
そこでレオ・フェンダーは、ジャズに対応出来るギターの開発に着手します。
『ジャズマスター』という名称はこれに由来しています。
ジャズマスターに搭載されているピックアップは、
ストラトキャスターなどに搭載されている通常の『シングルコイル・ピックアップ』より
サイズが大きく、見た目はギブソンのP-90に近いのが特徴です。
音色は、通常のシングルコイル・ピックアップより太いという特徴があります。
トレモロユニットも、ストラトキャスターのシンクロナイズド・トレモロとは異なる、
フローティング・トレモロを搭載しています。
この機構は、後にジャズマスターの上位機種として登場するジャガーにも搭載されました。
その他にも、
・プリセット・トーン/ボリューム回路
・オフセットウエストと呼ばれる左右非対称のボディシェイプ
(座って演奏する際に安定させるためのもの)
・前後に可動し弦高調整も可能なブリッジ
(トレモロアーム使用時の調律安定のためのもの)
など、多くのアイデアが取り入れられました。
1966年からは、ポジションマークが丸から四角形に変更され、
ネックにバインディングが施されるようになります。
その後、何度かマイナーチェンジし、1980年頃まで製造は続けられました。
製造中止後も需要は途絶えず、
1986年よりフェンダー・ジャパンにて、
1999年よりフェンダー・USAでも再生産販売が行われています。
ジャズに対応出来るギターとして開発されただけあり、
ジョー・パス等のジャズ・ギタリストに愛用されていました。
フロント・ピックアップからは、
ギブソン製のギターにも似たジャジーなサウンドを発します。
(実際の音は、ジョー・パスのPacific Jazzレーベル時代の演奏で聴くことができます)
リア・ピックアップからはかなりワイルドなサウンドも出せるため、
ベンチャーズなど等のサーフ系バンドのギタリストや、
1970年代以降はガレージロック、
特に90年代以降はオルタナティブ・ロック系のギタリストに愛用されており、
近年ではシューゲイザー系のギタリストにも多用されています。
日本のアーティストにも、広く使われているジャズマスター。
これもフェンダーを代表する一本です。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です