【フェンダー】 ムスタング エレキギター 【Fender】

フェンダーのムスタング!
こんにちは。久保文明です。
フェンダーというメーカーについて、しばらく書いてきました。
フェンダーはエレキギターを始めとするたくさんの楽器を製作しています。
そんなギターの中から、今日は『ムスタング』について書いていきます。
$Music-style
フェンダー・ムスタング(Fender Mustang)は、
1964年に発売開始されたフェンダー社のエレクトリックギターです。
英語としての発音は「マスタング」がより近いですが、
慣習的に「ムスタング」 と呼称されています。
1982年にアメリカでの生産は終了しました。
しかし、1986年から『フェンダー・ジャパン』が生産を開始します。
そして現在も販売されています。
最近では、アメリカでも、
『クラシック・シリーズ ’65 ムスタング』
と称して、日本から輸入して発売されています。
始まりは1964年。フェンダーのスチューデントモデルとして登場しました。
兄弟機種であるミュージックマスターやデュオソニックなどと同じく、
ショートスケールです。
しかし、他のスチューデントモデルには装備されていない、
トレモロ・ユニット『ダイナミック・ヴィブラート』が搭載されています。
より軽い力でアームの操作が可能です。
また、スイッチの切替によって、
アウト・オブ・フェイズ・サウンドを出せるのも特徴です。
発売された当初は、
・22.5インチスケールに21フレットのもの
・24インチスケールに22フレットのもの
の2つの仕様で、塗装はラッカーフィニッシュでした。
24インチスケールのネックには、
細めのAネックと通常サイズのBネックの2種類があります。
CBSによるフェンダー買収3年後の1968年には、
ボディにレーシング・ストライプの描かれた
『コンペティション・ムスタング』が発表され、1974年まで発売されました。
ボディー材には、アルダーが使われていました。
1974年から1982年に掛けては、アッシュ材を使用しています。
指板は、メイプルとローズウッドを選べるようになっていました。
1986年から、フェンダー・ジャパンよりリイシュー・ムスタングが発売。
・バスウッド材の『MG-69,MG-73/co』
・ポプラ材の『MG-65』
・アッシュ材の『MG-77』
があります。
弾けるような高音域と、
その小ぶりなボディーから想像も出来ない、
暴れまわるようなサウンドを発生させることから、
多くのミュージシャンに愛用されてきました。
ムスタングは、他のフェンダー製ギターに比べて仕様が独特なため、
サウンドも個性的です。
主な特徴として、
① ショートスケールであるためにサステインが短い
② 搭載されているシングルコイルの低音は、ややチープである
③ アームは、使う度にチューニングが狂う
ということです。
なんだか短所のように聞こえますが、
これら難点を言い換えると、
① 歯切れの良いサウンド
② 低音が薄いために音の抜けが良い
③ 軽く触れるだけでアーミングが可能(小指が当たるだけで動くほど軽い)
と考えることもできます。
ピックアップはスイッチングの使い分けにより、
2つそれぞれのシングルコイルとは別に、
2つを直列にした厚みのある音、フェイズした鼻をつまんだような音と、
4つのサウンドバリエーションがあります。
やはり特徴的なギターは面白いですね。
ぜひとも弾いて実感したいものです。
それでは、今日はこの辺で……。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です