【タカミネ】 ギター 特徴 入門用にも最適? 【Takamine】

タカミネを紐解く!
こんにちは。久保文明です。
日本から世界へ発信されているタカミネギター。
今日はより詳しく、タカミネのギターについて調べていきます。
タカミネは独自の技術で、ハイクオリティなエレアコを製作しています。
そんなエレアコの要とも言えるのが『ピックアップ』。
ピックアップとは、楽器本体や弦などの振動を、電気信号に変える装置のことです。
その電気信号は、多くはボリュームやトーンコントローラーなどを経由した後、アンプなどに送られます。
このピックアップの性能により、音質や音量などが変わります。
そんなピックアップ。タカミネはどのような技術を持っているのでしょう。
『パラスティック・ピックアップ』
タカミネ独自の「パラスティック・ピックアップ」は、音のバランスと分離に優れています。
クリアな音色を生み出すピックアップは、1970年代の製品化から、一貫して基本設計は変わっていない伝統の技術です。
【パラスティック・ピックアップの構造】
パラスティック・クリスタルと呼ばれる水晶が、金属製ケースに納められ、
ブリッジサドルの真下に配置されています。ブリッジ部と一体化しています。
水晶、結晶に電流を流した時、振動はかなり正確に検出されるそうです。
そんなシステムのサドルで、弦振動をダイレクトにキャッチします。
たとえ大音量でも、最高峰の対ハウリング特性を実現しています。
また、ギターの弦にはスティール弦、ナイロン弦とありますが、
それぞれに弦の特性を考慮した専用のパラスティック・ピックアップがあり、
自分の演奏スタイルをとことん極めることもできます。
さらに、プリアンプにも特徴があります。
プリアンプとは、微小な電気信号を、楽器の音として使えるレベルまで増幅する装置のことです。
ピックアップでギターの振動を電気信号に変えます。しかし、その電気信号は実はかなり微弱です。
増幅しなければ、アンプやエフェクターで使い物にならないのです。
その増幅の役目を担うのが、プリアンプなのです。
下のようなイメージです。
【ギターの音、振動】
↓↓↓
ピックアップ
↓↓↓
【電気信号(弱)】
↓↓↓
プリアンプ
↓↓↓
【電気信号(強)】
↓↓↓
アンプ、エフェクター等
↓↓↓
【アンプから出る音】
つまりプリアンプは、エレアコの音を出すのに必須の装置です。
エレアコの心臓部ですね!
そんなプリアンプにも、タカミネはこだわっているのです。
タカミネは、プリアンプを1つのユニット……単体の小箱型にしています。
さらにその小箱のサイズを、全てのシリーズで統一、共通化したのです。
それによって、プリアンプの交換、アップグレードが可能になりました。
ギターが気に入ったけど、プリアンプが物足りない……。そんな時に非常に便利です。
チューナー内蔵というのも好評のようです。
また、小箱型ということで、電池ボックス一体型です。
なので、ボディ、サウンドホール内部に電池ボックスがあるエレアコに比べて、
電池交換する場合に弦を緩める作業が不要のため、格段に便利で扱いやすいのが特徴です。
色々と書いてきましたが、ますますタカミネギターが欲しくなりました!
とにかく色々な楽器に触れてみて、そこから好みを模索していきたいと思います。
そんな過程を、このように記事にできればと思っています。
それでは、今日はこの辺で……。

2 Comments

  1. ゆってん 2012年12月5日 Reply
  2. 久保文明 2012年12月6日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です