【Martin】 B-1 アコースティックベース 【マーティン】

Martin、エレアコベース!
こんにちは! 久保文明です。
今回も、エレアコベースについて書いていきます。
エレアコベースとは、
・『エレキベース』のボディが空洞のあるアコースティックボディのもの
・大きめのエレアコギターで、低音に特化したもの
このようなイメージだと思います。
そんなアコースティックベースの魅力とはなんなのでしょう。
まず、エレキには無い、空洞のあるボディではないでしょうか。
ボディーが大きく、その鳴りを活かしたアコースティックでナチュラルなベースサウンドが魅力です。
ジャズやクラシックで、しっとりと自然に溶け込む低音が評価されているようです。
そして、ネックや指板のサイズはエレキベースと同じなのです。
ということは、エレキベースのテクニックがほぼそのまま使えてしまうということです。
ピック弾き、スラップ、タッピング等、様々なものがありますよね。
また、アコースティックベースの見た目の与える印象も魅力だと思います。
そのアコースティックな外観は、マイナーさもありベースとすぐにわかる人は少ないのではないでしょうか。
そんなベースは温かみがあり、ユニークな楽器でありながらゆったりした小規模のバンド等に良くとけ込みます。
また、基本的に本体が軽いというのも魅力です。
モノによってはエレキベースより軽いという程です。
ベースのあの大きさの割に取り回し易いうえ、長時間の演奏にも適しているのではないでしょうか。
しかしハードケースは重いです。さらに、ピッタリサイズのケースがないこともしばしば……。
では、マーティンのアコースティックベースにはどんなものがあるのでしょうか。
それは、0000の“J”サイズと呼ばれるボディを持った、
アコースティック・ベース 『B-1』です。
$Music-style
$Music-style
エレアコベースは基本的にピエゾピックアップで音を拾います。
それによって、繊細な響きも生々しく表現することができるのです。
マグネティックピックアップというピックアップをを搭載したモデルもあります。
その場合、エレキベースに似たサウンドが得られるそうです。
B-1は、演奏性能が考慮された薄めのボディをしています。
FISHMAN製ピックアップが、表情豊かなサウンドを生み出します。
タイトな低音から、音抜けの良いきらびやかな高音まで、
バランスよく鳴る、ハイクオリティなアコースティックベースです。
画像は、現在オークションに出品中のものですが、
やはりスタイリッシュなボディですね。
エレキベースを弾いた事はありますが、アコースティックベースは
ありませんでした。
奏法はほとんど同じ、ということですが、
若干勝手が違い、これはこれで面白いと感じました。
マイスタジオに置きたい楽器に認定です!(笑
それでは、今日はこれにて……。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です