【利息?】 クレジットカード 【借金!?】

借金!? クレジットカードの仕組み!
久保文明です。こんにちは。
前回は、クレジットカードのリスクについて書きました。
クレジットカード会社は、支払い時代わりに払ってくっれます。
そして、後で自分の使った分をクレジットカード会社に返します。
これって何かに似ていませんか?
借りて、返す……。
まるで『借金』ではありませんか!
……とまあ、借金などと書くと大袈裟に聞こえますね。
しかし、実際には借金とほとんど変わらないのです。
クレジット=信用、という意味ですから。
しかし、借金といえば利息がかかるものですが、
クレジットカードはどうなのでしょうか。
1回払いなら利息はつきません。
クレジットカードの支払い方法の1つです。
5000円の商品をカードで買い、『1回払い(一括払い)』にすれば、
次の支払日に5000円が自分の口座より引き落とされます。
5000円を払ってもらい、5000円を返す。利息はありません。
なぜカード会社が、利息も取らずにこんな面倒な事をしてくれるのでしょうか。
実は、カード会社は利息以外でも利益を得ているのです。
一般にカードが普及すれば、買い物をする人が増えます。
カードで支払って良いよ~、というお店には、もちろん
カードを使いたいお客さんが来ます。繁盛しますね。
そんなお店も、タダでカード会社のカード支払いを導入している訳では
ないのです。
A商店は、クレジットカードによる支払いを導入したい。
Bカード会社にそれについて依頼し、契約した。
お客さんはA商店で1000円の買い物をした。クレジットカードで支払った。
A商店は、Bカード会社に『1000円売れた』と報告する。
Bカード会社は、『手数料を引いて、950円』をA商店に支払った。
こういう仕組みで、カード会社は利益を出しているそうです。
上の例では、便利なクレジットカード決済をお店に導入させてあげる代わりに、
お店から手数料を貰っています。
手数料がかかっても、お店側はカード支払いを導入するメリットがあるということです。
しかし、カード会社はそんな加盟店からの手数料だけで成り立っている訳ではありません。
我々の『支払い方法』によっては、そこから利息をとったりしています。
『1回払い(一括払い)』では、利息はつきません。
『2回払い』は、カード会社によって利息がついたり、つかなかったりします。
利用店、利用カードを確認しましょう。
それ以上の『分割払い』や、『リボルビング払い』は、『利息』がつくのです。
利率はカード会社などによって異なります。
『分割払い』はその名の通り、主に高額な買い物時に、数回に分けて
支払う方法です。
『リボルビング払い』とは、あらかじめ設定した金額ずつ、支払っていく方式です。
リボルバー式の拳銃のように、1発売ったら、次の弾、といった具合に、
毎月同じ額ずつ請求されます。
たとえば、このリボ払いで100,000円を支払ったとします。
毎月5000円、という設定をしたとすると、
5000+利息が毎月支払われます。
あるいは5000円の中に利息が含まれているパターンもあります。
リボルビングの方式により違いますが、利点としては
・毎月一定額なので、余裕をもって支払える
 (月によって多かったり少なかったりしない)
・カード会社から貰えるポイントの利率が良い
 (カード会社によって異なります)
そして、欠点としては、
・利息がつく
 (購入額よりも多く支払わなければならない)
・支払完了まで時間がかかる。
 (支払いは毎月一定だが、
 支払わなければいけない額が増えていってしまう)
クレジットカードはとても便利でお得です。
それ故に知っておかなければいけないことがたくさんあります。
【今日の要点】
・カード払いは借金も同然ということを理解する。
・一括払いは利息がかからない。
・分割、リボルビングなど、利息のかかる支払い方がある。
最近はクレジットカードについて触れてきましたが、
そろそろ楽器、スタジオ関連の記事を再開出来たらな、と思います。
ここ数日話題に上ったクレジットカード。
これを利用して購入した楽器を、近いうちにこのブログで
紹介できればと思います。
それではまたお会いしましょう。

2 Comments

  1. 瑠璃葉 2012年11月13日 Reply
  2. 久保文明 2012年11月14日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です