【シュアー】 マイクのメーカー? 【ゼンハイザー】

ギターならギブソン? フェンダー? ……聞いた事ある!
じゃあマイクは? ……え? えーと……
こんにちは。久保文明です。
前回の記事で、マイクにもメーカーがある、
定番もある、というような事を書きました。
では、今回はそんなマイクのメーカーについて
紹介していきたいと思います。僕もどんどん使っていきたいメーカーですね。
【SHURE (シュアー)】
ダイナミックマイクといったらこれ!
というほど、メジャーなメーカーです。
ギターで例えればギブソン、フェンダー、マーチンといった所でしょうか。
釣り具ならダイワやシマノ並みのメジャーさです。
特に『SM58』というマイクは、ライブハウス、スタジオの
ほとんどにあります。
業界トップのスタンダードマイクです。
【AUDIX (オーディックス)】
SHUREが有名すぎて、?という人もいるメーカー。
しかし、歴史は浅いですが、持ち前のクオリティで、
プロもあえてこのメーカーを使ったりすることが多いそうです。
自然な音、高音の伸び等が評価されているそうです。
特に『OM6』という機種は、ダイナミックでありながら、
コンデンサーマイク並みの音質、と言われる程の性能を備えているそうです。
ぜひ、僕も手にしてみたいですね。
【SENNHEISER (ゼンハイザー)】
なんともカッコいい名前です。昔のロボットアニメのようです(笑
しかしこのメーカー、そうやって笑っていられない、
由緒正しき老舗メーカーです。ドイツの音響メーカーですね。
ヘッドフォン等で有名なメーカーです。
特に高音に秀でたマイクが多く、
SHUREでは難しかった抜けの良い高音の表現などに優れているそうです。
そういった点から、女性ボーカリストに好まれる傾向があるようです。
女性用のマイクなんだ、という印象を受けますが、
ハイトーンを売りにしている男性ボーカリストも、重宝すると思います。
メーカーを3つ紹介しました。いかがでしたでしょうか。
僕はとりあえず、近々SHUREのマイクを使ってみようかと思います。
マイクにも相性、好き嫌いがあります。
しかしそれを判断するには【定番】を知らなくてはなりません。
スタンダードを知った上で、さらに色々なマイクの特性を理解し、
趣味のクオリティを上げていきたいと思います。
それでは、今日はこの辺で……。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です