【ダイナミック】 マイクの選び方・特徴 【コンデンサー】

マイクの選び方とは?
どうも、久保文明です。
今回は、マイクについて書いていきたいと思います。
僕はプロの声優を目指し、養成所でレッスンを受ける日々を
送っていますが、やはりマイクには興味があります。
しかし、そんな声の収録以外でも、マイクは様々な場面で登場します。
例えばバンド演奏でも、ボーカルはマイクを使いますし、
ギターの録音も、アンプに対して使うレコーディング用のマイクがあります。
つまり、マイク1つで趣味、活動の幅がかなり広がります!
では、そんなマイクにはどのような種類があるのでしょうか?
大きく分けると、マイクは2種類あります。
『ダイナミックマイク』と『コンデンサーマイク』です。
この2種類の違いについて書いていきます。
『ダイナミックマイク』
僕も部屋に置いているマイクです。
$Music-style
マイクといえばこれ! といっても良いほど、一般的で、
一番見かける種類のマイクだと思います。
特徴としては、なによりまず頑丈な点が挙げられます。
中身、構造がシンプルのようで、壊れにくく、
大音量でもしっかりと応えてくれます。
電子楽器で用いるアンプに対して使うこともあります。
エレキギターなどの音を、
録音するのにも使えるということですね。
それから、単一指向性という特徴を備えています。
どういうことかというと、単一の方向から音を拾う、
つまり、マイクの正面からのみ音を拾うということです。
そのため、僕のマイクには正面に
ポップガード(呼気による雑音を防ぐ部品)が付いています。
音源の方向が横や後方からだと、
音を拾い辛かったり、拾えなかったりします。
中には例外もありますが、ダイナミックマイクはほぼ単一指向性です。
値段が比較的安いタイプであることも、普及の要因だと思います。
『コンデンサーマイク』
お笑いブームは去ったでしょうか? それともまだまだ熱いでしょうか?
そんなお笑い番組などで、漫才師が使っているマイク……
あの真ん中に立っている四角いようなマイクが、
コンデンサーマイクです。
最近では声優がラジオ収録をするのは何も珍しくなくなりました。
そんなラジオ収録の際に用いられるのもこのマイクです。
本格的なレコーディングスタジオによく置かれています。
個人的に、マイスタジオに置きたいマイクですね。
特徴は、繊細な音を録音できるという事です。
息遣いなどの細かいボーカル表現、
アコースティックギターなどの微細なサウンド等を録音できます。
また、コンデンサーマイクは遠くの小さな音も
逃さずキャッチ出来るので、録音ブースなどの『独特の空間』の
雰囲気、空気感を表現することも可能です。
ただし、ダイナミックと比較してかなり繊細なため、
故障することも多いそうです。取扱注意ですね。
それから、ダイナミックの単一指向性と打って変わって、
たくさんの種類の指向性を備えています。
マイク1つで様々な方向から音を拾う事ができます。
先ほども書いたように、小さな音も拾う事ができます。
そのことから、生活音でさえ拾ってしまうので、
僕がテーマとして掲げているマイスタジオのような、
遮音性に優れた場所での使用が理想ですね。
一般的に、ダイナミックマイクより値段が高いのも特徴です。
いかがでしたでしょうか。
実際に使っていかなければわからないというのもありますが、
特徴はこのような感じです。
今後、僕もマイクを使う事が増えていくと思います。
そうしたレビュー等も書いていければと思うので、
その際はよろしくお願いします。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です