【アンプ】 真空管? トランジスタ? 【ギター】

真空管アンプとトランジスタアンプ
こんにちは。どうも、久保文明です。
前回、アンプとは? という基本的な知識を再認識した僕です(笑
ではもう少し、踏み込んでいきたいと思います。
アンプには、真空管アンプとトランジスタアンプという
括りも存在します。
では、真空管アンプとは一体何なのでしょうか。
真空管タイプ(チューブアンプ)は、
音の増幅に文字通りチューブ(真空管)を使ったアンプのことです。
真空管タイプは、一般的にアナログ的なサウンドだと言われています。
暖かみのある音、コンプレッション感(丸みを帯びた音)、音の艶、
歪みがきめ細やかだとか、そういうところからこの表現がきているそうです。
しかし、真空管は消耗品の為、長期の使用で交換が必要になることや、
重量、価格的な関係で、トランジスタ・タイプが一般的に普及しています。
それでもサウンドにこだわる人には手放せないアンプでもあるようです。
トランジスタ・タイプは、
性能が一定に保ちやすくメンテナンスに手間がかからない点や、
クリアで安定したサウンドが魅力です。
そういった、手入れが楽な点、長期使用に問題がほとんどない点など、
お手軽な部分でかなり普及しています。
お手軽だからと、真空管タイプと比べて劣っているのではなく、
エフェクター等で音を作ろうとしたときに、
しっかり応えてくれます。
大雑把な特徴はこのような感じです。
今の僕のレベルだと、お手軽さ的な事も含めて、
やはりトランジスタ・タイプを選ぶと思います。
しかし、将来的にスタジオに真空管タイプを置くことも
考えたいですね。
あらゆるもの、2つのどちらを選ぼうかと考えたときに、
性能の良い方、優れている方を選ぶことは大切です。
しかし、真空管タイプとトランジスタ・タイプを比べる際、
優劣はないそうです。
(種類を比べる事であり、個々の性能ではもちろん優劣はあります)
プロの人や物凄くこだわる人は真空管タイプを使う事が多いようです。
独特の音の特徴がわかり、好みをはっきりさせた上で
選択しているのだと思います。僕にはまだ早いですかね(笑
ではそういったプロの方々はトランジスタ・タイプを
使わないのでしょうか。
それは違います。
トランジスタ・タイプはトランジスタ・タイプなりの、
むしろトランジスタ・タイプしか持ちえない音があります。
真空管タイプには出すことのできない音が、
トランジスタ・タイプにあります。逆もまた然りですが……。
真空管タイプ>トランジスタ・タイプ という図式は成り立たないのです。
ではどうやって選べばいいのか。
こればかりは個人の趣味としか言えないと思います。
まずは比較的安価なトランジスタ・タイプで、
慣れてきて、音の違いを意識できるようになったら、
楽器屋さん等で真空管アンプを使った試奏をすると良いと思います。
それで『いいぞ!』と気に入った場合、
目指す音は真空管アンプで得られるのだと思います。
僕もこれからさらにたくさんの音に触れて、
マイスタジオと人生を彩る楽器達を選んでいくつもりです。
それでは、この辺で……。

One Comment

  1. 久保文明 2012年11月6日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です