【種類】 アンプ とは? 【特徴】

マーシャル、フェンダー、VOX、ローランド……
こんにちは。久保文明です。
今回は、エレキの名を持つ楽器に必要不可欠な、
『アンプ(amplifier)』について詳しくなっていきたいと思います。
エレキギターを使用する場合、このアンプが非常に大切な要素に
なります。
エレキギターをアコギのようにそのまま弾くと、
チャカチャカ、シャカシャカという音しか出ません。
それをアンプに繋ぐことによって、
大きく迫力あるサウンドにする事ができるのです。
一言でアンプと言っても、冒頭で挙げたようなたくさんのメーカー、
さらにアンプにも種類があります。
今回はその種類について書ければと思います。
アンプは大きく分けると2つの種類があります。
まずは『ビルトインタイプ(コンボ・タイプ)』

$Music-style-a1
アンプ、と言ってまずイメージするのはこのタイプだと思います。
そもそもアンプとは、電気信号を増幅する装置のことです。
ギターが発した微弱な電気信号を増幅するのです。
その増幅された信号を、音に変換する装置がスピーカーです。
つまり、アンプとスピーカー両方無いと意味がありません。音が出ません。
そのアンプ(増幅回路部)とスピーカーがひとつになっているものが、
『ビルトインタイプ』です!
練習用の小型なものも多いですね。
そしてもう1つ。
『セパレート・タイプ』
Music-style-a2
ヘッド・アンプ――つまり電気信号増幅装置と、
スピーカー――信号を音に変換する装置が
別々に分かれたタイプのことを言います。
大型な場合が多く、スタジオによくあるタイプです。
音楽番組やバンドPVなどで目にすることもあるかもしれません。
それぞれのパーツが分かれているので、メーカーを変えてみたり、
スピーカーを増設、3段積みして音量を得たりと
けっこう自由自在です。
強いて言うなら、大きく重いものが多いです。
これがアンプの種類の大まかな説明になります。
ちなみに僕の部屋にあるのはVOXのビルトインタイプです。
マイスタジオには大型のセパレートタイプを置くつもりです。
今後メーカーの特性を調べていく必要がありますね(笑
次回以降で、真空管アンプやソリッド・ステート云々について
触れられたらと思います。
それでは、今日はこの辺で……。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です