【メリット】 ヤフーオークション 【デメリット】

ヤフーオークションのメリットは? デメリットは?
こんにちは。久保です。
前回、ヤフオクの概要について説明しました。
知っていた方、知らなかった方、
興味をもっていただいた方、やってみたいと思った方……
様々なご感想をもっていただいたと思います。
では、今回は『知らなかった方』『興味をもってくれた方』へ、
ヤフオクのメリット、デメリットをお伝えしようかと思います。
『登録もしてないのに、そんなことを言われても……』
となるとは思いますが、
ここで『メリット』や『デメリット』をぼんやりとでも
イメージしていただいたうえで、
後日動画として投稿予定の『初めてのヤフオク(登録編)』を
ご覧いただければと思います。
それでは、本題です。
『ヤフオクのメリット』
・買う場合、商品数が豊富
・ほぼ何でも、あらゆる形式で出品できる
『デメリット』
・経費(月額料、手数料)がかかる
・落札者とのやりとりをする必要がある
・写真、商品説明などを用意する手間がある
といったところでしょうか。
ではメリットから詳しく説明します。
・買う場合、商品数が豊富
とにかくプロアマ問わずたくさんの人が、
様々な物を出品しています。
探しても見つからなかった意外な物や、
予想外の価格で手に入るものなどがあるかもしれません。
・ほぼ何でも、あらゆる形式で出品できる
ヤフオクで出品を禁止されている物(拳銃や麻薬など……)、
法律で禁止されているような物以外ならば、
基本的に何でも出品できるのが魅力です。
出品の仕方も、例えば、
漫画の『○○巻 限定バージョン』を1冊出品するも良し、
『シリーズ漫画 全巻セット』で出品するのも良し。
あるいは、『○○コミック 全巻セット おまけ付き!』
と、関連したストラップなどの商品をおまけとして
付けるのも大いにありです。
このように、商品や発想で、出品の仕方はたくさんあります。
では、デメリットの話です。
・経費(月額料、手数料)がかかる
まず、落札する場合の話です。
ます、何をするのにもヤフーのアカウントが必要です。
(Yahoo! JAPAN ID)
通常アカウント(無料)の場合、4,999円までの商品しか
落札できません。
それ以上の金額の商品を落札したい場合、
プレミアム会員になる必要があり、
月額399円がかかります。そうすると、5,000円以上の
商品が落札可能になります。
次に、出品の場合です。
そもそも、出品するためには、先程書いた
『プレミアム会員』になる必要があります。
つまり出品できる環境がある人は、入札額の制限はありません。
あとは、出品手数料として、
1点につき、10.50円かかります。2点で21円ですね。
ただ、後述しますが、出品手数料が無料になるサービス等も
多いです。
最後に、落札手数料です。
出品した商品が落札されると、落札手数料が発生します。
(落札システム利用料)
落札価格の5.25%×個数となっています。
これは、後にプレミアム会員の月額利用料と一緒に請求されます。
例えば、10月に1点出品して、10,000円で落札されたとします。
そうすると、まずプレミアム会員であることが前提なので、
月額の399円がかかります。
そこに、出品手数料が10.50円、
さらに落札手数料が10,000×0.0525(5.25%)×1点=525円
がかかります。
併せて、399円+10.50円+525円=934.5円
月合計の1円未満は切り捨てなので、
934円かかるという計算です。
・写真、商品説明などを用意する手間がある
出品するためには、その商品の写真を用意し、
説明文を書く必要があります。
これを怠ったり、投げやりにやると、
落札者からクレームがくる場合があります。
そもそもテキトーな写真、説明では落札されない可能性大です。
しかし、このデメリットはメリットでもあります。後述します。
・落札者とのやりとりをする必要がある
落札した後、された後に、送ってもらう住所を伝えたり、
振り込んでもらう口座を伝えたりする取引連絡を
する必要があります。これがアマゾン等の通販サイトと
異なる点です。
これも、考え方次第でメリットにもなり得ます。後述します。
さて、後述するといっていた、デメリットが考え方で
メリットに転じるポイントです。
・経費(月額料、手数料)がかかる
他のオークションと比べて、
若干高いと言われるヤフオクの手数料。
ヤフオクは様々なネットオークションの中でも、
ダントツの参加人数、商品数を誇るので、
その名前のブランド力に対する費用と考える人もいますが、
考え方は人それぞれです。
ただ、ネットオークションといえばヤフオク、
と言われる程度には有名のようです。
後は、メリットという程の話ではありませんが……
出品手数料が10.50円かかる、と書きましたが、
月10回までなら無料になったり、ある曜日、時間によっては、
その期間内出品手数料無料など、
無料で出品できる様々な機会があります。
(落札手数料はかかります)
・写真、商品説明などを用意する手間がある
このデメリットはずばり『手間、面倒』ということでした。
しかし、この行動を細かく、丁寧にすることによって、
落札額が大きく変わります。
出品(写真、説明文)が上手い人、下手な人では、
同じ商品を同じ価格から出品しても、
落札額はかなり違ってきます。
手間だとは思わず、その商品の魅力を余すところなく
伝えようとすることが重要で、落札額という点で
その行動はメリットになります。
・落札者とのやりとりをする必要がある
出品者にも落札者にも『評価』というものが存在します。
非常に良い、良い、悪い、非常に悪い、等ですが、
非常に悪い評価がたくさん付いている人には、
売りたくもないし、買いたくもないです。
当然です、何をやらかしてきたかわからないのですから。
逆に、非常に良い評価がたくさん付いてる人は、
安全に取引できそうだと、予想、判断ができます。
落札者とのやりとりは、確かに普通の通販サイトに比べて
手間ですが、しっかりと取引連絡、やりとりをすれば、
その丁寧な対応が評価され『信頼できる』と思ってもらえます。
その評価が積み重なれば、リピーターも増えるかもしれません。
それがメリットです。
長々と書いてきましたが、文章だけでは伝わらないところも
大いにあるでしょう。
今後、動画も交えて、ヤフオクについて紹介できればと
思います。
それでは、今日はこれにて……。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です